• 初診専用ダイヤル06-6346-9783まで
  • メールでのご相談・受診予約

診療内容 [ 抗がん剤を用いないがん治療をお考えの方 ]

» » 診療内容 [ 抗がん剤を用いないがん治療をお考えの方 ]

診療内容 [ 抗がん剤を用いないがん治療をお考えの方 ]

私は、癌というのもほかの慢性疾患と同じように日常のストレスや生活習慣との関係が深いと考えています。いきなり出来るのではなくそれまでの生活の反映だということです。下の図はそれをわかりやすく示したものですが、根本的な治療には「下流」だけではなく「中流」や「上流」に対してのアプローチがとても大切です。


当院で提案している抗がん剤を用いないがん治療

癌は「自己治癒力が低下して癌細胞を排除する機能が一時的にオフになっている状態」であるという認識から、自己治癒力を高めるための方法を提案します。

このことを踏まえて当院では以下のようなプログラムを提供させていただきます。
以下のプログラムは当院が提供できるものを並べたものであり、すべてを患者様に受けていただかなければいけないというものではありません。具体的な治療内容は個別に話し合ったうえで、納得していただいた上で行います。
まず、初診時にじっくりと時間を取って今までの経過や日常生活で感じておられる内容を聞かせていただき、今後の方針を決定します。

  • 食事や生活習慣に対してのアドバイスを行います。
  • 身体の中が酸化した状態や低体温の状態は免疫力が低下することが分かっています。還元電子治療と温熱療法(遠赤外線法)で身体の酸化状態、低体温を改善し免疫力が高まる「環境づくり」をします。
  • 腸内免疫は私たちの免疫力の約70%を占めると言われています。腸内環境を整えることは癌細胞を身体から排除するうえでとても重要な要因なのです。また、身体の癌免疫細胞が十分に働けるために必要なミネラルやビタミンの補充をサプリメントとして行います。
  • 直接的な癌細胞に対しての治療法の一つとして高濃度ビタミンC点滴療法を行うことが出来ます。ビタミンCは血中濃度を高濃度にすることで癌細胞だけに働きかけて死滅させる働きがあります。正常な細胞は影響を受けないので大きな副作用はありません。
  • 本来私たちには癌細胞を排除できる機能がいくつものレベルにわたってあります。その機能を高めるためには「抗酸化力」を高める必要があります。当院では、強力な抗酸化作用を持つ「アルファリポ酸点滴治療」を行っています。高濃度ビタミンC点滴療法と併用することで相乗効果が見られます。
  • 癌を排除する働きが低下しているのにはメンタルなストレスが大きく作用していることが分かっています。当院では、熟練したカウンセラーによってメンタルストレスを排除して、自己治癒力が最大限に働けるようにサポートします。

とはいえ、実際に治療を行っていくうえではいろいろな不安や疑問が浮かんできます。癌患者様は「あれもこれもしないと不安」という不安心理に陥りがちなのです。しかし、本当はその不安な気持ち自体が自己治癒力を低下させてしまう可能性があります。あれこれと治療を模索することよりも、自分自身には病気を克服するだけの力があると「自己信頼」出来るようになることのほうがとても大切なのです。
その時々に起こってきた不安や疑問をそのままにしていたのでは、治療効果も落ちてしまいます。当院では患者様から頂いた不安や疑問はその時にきっちりと対応させていただきます。

小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために電話やメールによる遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約

このページのトップへ戻る