• 初診専用ダイヤル06-6346-9783まで
  • メールでのご相談・受診予約

診療内容 [ アトピー性皮膚炎でお悩みの方 ]

» » 診療内容 [ アトピー性皮膚炎でお悩みの方 ]

アトピー性皮膚炎とは

「アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症だけではなく、体の中の炎症を抑える必要があります。当院では体の中の状態を検査し、治療することで根本治療につなげています。」

アトピー性皮膚炎とは、皮膚が炎症を起こし、強いかゆみや湿疹・かぶれなどが出る病気です。
「アトピー」とは、もとは「奇妙な」「見慣れない」という意味を持つ古代ギリシャ語「atopia」が語源となっています。
幼児期からかかることの多い病気ですが、良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

アトピーが慢性化すると、湿疹は体のいろいろな場所を移り歩くようになります。
例えば「顔の症状が改善したら今度はひじ・ひざの関節が悪化してきた」などと、自分ではコントロールできない奇妙な動きをしていきます。また季節によって症状が変化するのも特徴です。

そしていまだにアトピーになる原因は分かっておらず、明確な治し方も見つかっていません。そのため皮膚科の医師もアトピーと診断したはいいものの、対症療法であるステロイド外用薬の処方による治療が中心となっています。
そのため、自分に合った治し方を探さなくてはなりません。


アトピー性皮膚炎の原因

アトピーの症状は、一見皮膚の問題にように思えますが、実は体内の環境が大きく関わっています。皮膚に出る症状は、体内で正しく老廃物の処理ができていなかったり、免疫力が弱くなってしまったことによる反応の現れです。
またアレルギーをあわせ持つことも多く、家の中のハウスダストやダニ、カビやホコリなどに体が過剰反応していることもあります。

アトピーには精神的なストレスも大きく関わっており、学校や仕事・人間関係でストレスを抱えているとアトピーは悪化する傾向にあります。またずっとかゆみに耐え、人目を気にする生活自体がストレスにもなります。
アトピーを改善するには食生活に気を付けて規則正しい生活を送ること、そしてストレスの無い環境を作り出すことが大切です。


アトピー性皮膚炎の様々な治療法

アトピー性皮膚炎は根本治療が難しく、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。 また個人差もあり、すべての人に合う治療法は確立されていません。そのためアトピー患者は自分に合った治療法をを探し出す必要があります。


・ステロイド外用薬による治療
一般的な皮膚科でアトピーと診断された場合、ステロイド外用薬を処方されることがほとんどです。
ステロイド外用薬は炎症を押さえるためだけの薬で、根本治療にはつながりません。さらに使用が長期間に及ぶと副作用や依存性などの問題が起こることがあります。


・保湿による治療
乾燥により症状が悪化している場合は、風呂上がりに保湿クリームや天然のオイル、漢方由来の塗り薬などの非ステロイドの塗り薬を塗ることでの治療も可能です。

・食事療法
アトピーは食品添加物やジャンクフード・油ものを控えたり、除去することで症状の緩和が期待できます。ただし、長期的な治療が必要です。


当院のアトピー性皮膚炎の治療方針

当院では、身体のバランスを整えることによるアトピー性皮膚炎の根本的治療をご提案します。
まずはアトピー性皮膚炎の原因を検査し、その結果によって最も効果的な治療を行っていきます。アトピーの根本原因である体内の状態は皮膚と違って自分で見ることができません。そのため「体の中のどこが・どう弱っているのか」を突き止めてから治療にかかる必要があるのです。

検査の内容と治療方針については以下の通りです。

・「遅延型フードアレルギー検査」によって腸管の状態を見極め、腸内環境を整える治療を行います。
・「有機酸検査」でカンジダ菌の有無を確認し、陽性の場合は除菌治療を行います。
・「毛髪重金属検査」や「尿中重金属排泄試験」などを行い、重金属の蓄積が考えられる場合は、キレーション治療(重金属を体外に排泄する治療)を行います。
・アトピーの状態に合わせてサプリメントを飲んでいただき、体内バランスを整えるための抗酸化、抗炎症治療を行います。
病院に通院が可能な場合は、「還元電子治療」でさらに強力な抗炎症治療を行うことが可能です。


診療のご相談・受診予約について

病状や診療についてのご相談は、下欄の「メールでのご相談・受診予約」よりお願いします。電話での相談は受け付けておりませんのでよろしくご了承ください。

当院では診療をご希望の場合は以下の2つの方法で診察が可能です。

  • クリニックを直接受診する方法
  • 遠隔診療(スカイプ、電話)を受ける方法

※診察の流れやFAQ(よくある質問)についてはこちらをご覧ください。


アトピー性皮膚炎に関する検査について

遅延型フードアレルギー32,000円(税別)
腸管の粘膜が損傷して起こる腸管漏出症候群(リーキーガット症候群)により、食べ物が充分に分解される前に血液中に漏れ出る事により遅延型フードアレルギーが起こります。この検査は遅延型フードアレルギーの程度を見る事により、適切な食事指導を行います。ネット検査可。
32,000円(税別)
検査の申し込みはこちら
毛髪重金属検査18,000円(税別)
毛髪内の重金属を調べる事で、体内にある重金属がどの程度蓄積しているかを知るスクリーニング検査になります。ネット検査可。
18,000円(税別)
検査の申し込みはこちら
有機酸尿測定38,000円(税別)※検査説明代金を含む
尿中の有機酸を測定する事によりカンジダ菌から分泌される様々な有機酸の他に、ミトコンドリア機能や身体のデトックス能力などを評価する事ができます。この検査は尿中に含まれる様々な代謝産物を測定する事で、身体の中のいろいろな化学反応が正常に働いているのかどうかを調べようと言うものです。検査代金には、検査の説明料金、サプリメントの提案や今後の方針のアドバイス料金も含みます。ネット検査可。
38,000円(税別)※検査説明代金を含む
検査の申し込みはこちら


小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約

このページのトップへ戻る