小西統合医療内科

  • 初診専用ダイヤル06-6346-9783まで
  • メールでのご相談・受診予約

診療内容 [ 抗がん剤を用いないがん治療をお考えの方 ]

癌免疫療法

当院では、免疫細胞の働きやすい環境を整える「自己治癒力を高める方法」に加えて、免疫細胞自体を活性化する「癌免疫療法」を行わせていただきます。
ガンに対しての免疫療法にはいろいろな方法がありますが、代表的なものとして患者様から血液を取り出して免疫細胞を活性化し、患者様の身体に戻すという方法があります。
当院でも免疫療法はやっていないのかというお問い合わせをいくつかいただいていましたが、今回きぼうの杜クリニック様と提携して免疫療法(BAK療法)を行うことになりました。

私は、免疫療法が有効に働くためには活性化した免疫細胞が身体の中に戻されたときに、その機能を発揮しやすいような「免疫細胞の労働環境」が整えられていることがとても大切だと思っています。
例えば、癌の患者様の血液中には炎症性サイトカインという物質が多量に含まれていて、この物質が免疫力を低下させているのです。「免疫細胞の労働環境」を整えるというとはこのような炎症性サイトカインが発生しにくい条件にするということです。
身体のほうの「細胞の労働環境」が整っていないと、せっかく活性化した免疫細胞もたちまちのうちに機能が低下してしまうのです。
その意味で、単純に活性化した免疫細胞を増やして戻すだけの治療法では十分ではないのです。

免疫療法を本当に有用な治療法とするためには、免疫細胞が働きやすい労働環境を整える方法を併用することが必須であると思っています。免疫療法は、活性化された免疫細胞が働きやすい「労働環境」と作ることが必要条件なのです。

当院では「抗がん剤を使わない癌治療」を提供するというコンセプトで自己治癒力を高めるための方法を提供してきました。
これからは、免疫細胞の労働環境を整えることに加えて免疫療法を併用することで一層治療効果を高めることが出来るのではないかと思っています。

本院でも免疫療法はきぼうの杜クリニックと提携して行っています。

小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

このページのトップへ戻る