• 初診専用ダイヤル06-6346-9783まで
  • メールでのご相談・受診予約

診療内容・価格表

» 診療内容・価格表

診察内容について

当院では、通常の病院で行われている「対症療法」だけではなく、身体のバランスを戻す事による「根本的治療」を行っています。詳しくは「当院のコンセプト」を参照ください。

「対症療法」ではなく「根本的治療」を行う為には、まず身体の何処がどのようにバランスが崩れているのかをはっきりとさせなければいけません。その為に当院では、通常の病院ではできない「バイオロジカル検査」を行っています。
「バイオロジカル検査」のほとんどの検査は、現時点では国内で行う事ができず海外の検査会社に依頼する必要があります。「バイオロジカル検査」は保険適用はなく、すべて自費診療となります。「バイオロジカル検査」についての詳しい説明は院長の著書「自己治癒力を高める医療 実践編」に詳しく書かれています。現在、ご希望の方には無料でDVDを送っております。こちらよりお申し込みください。

当院では、初診時に詳しくお話を伺いどのような検査が必要かアドバイスさせていただきます。その検査結果を元に、身体のバランスを整える「根本的治療」をご提案します。

また、診察前に検査だけをご希望の方に対して「ネット検査」も行っています。

診療一覧

当院では、こういった様々な疾患に対して「自己治癒力を高める」という統合医療の観点から治療をさせていただいています。

起立性調節障害
起立性調節障害は、思春期の頃に発症し自律神経のバランスが崩れることが原因であるとされています。しかし、当院では8割以上の患者さんで「副腎疲労症候群」を合併していることがわかりました。
詳しくはこちら
慢性疲労症候群
慢性疲労症候群は、何らかのストレスを契機として発症し、倦怠感や微熱、関節痛、筋肉痛などの炎症症状を伴う病態です。色々な原因が関連していることがわかっています。当院では、副腎疲労症候群、リーキーガット症候群などを治療することにより症状の改善が見られることがわかっています。
詳しくはこちら
副腎疲労症候群
起立性調節障害や慢性疲労症候群の原因として、「副腎疲労症候群」が影に隠れていることがあります。通常の採血検査では診断することができず、「唾液中のコルチゾール検査」を行う必要があります。
詳しくはこちら
抗がん剤を用いないがん治療
私たちの身体には本来がん細胞を除去するシステムが備わっています。がんになるということは、がん細胞を除去するシステムが正常に作動していない状態であるということができるのです。当院では、このシステムを整える治療を提案します。
詳しくはこちら
遅延型フードアレルギー
アトピー性皮膚炎、慢性疲労、うつ状態、過敏性腸症候群、慢性関節リウマチなど様々な病態は、実は腸内環境が乱れることで起こることがわかっています。腸内環境の状態を知る簡便な検査として「遅延型フードアレルギー検査」があります。
詳しくはこちら
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は通常は皮膚の炎症を起こす疾患であると考えられています。しかし、実は身体の中に起こっている炎症を反映した結果なのです。身体の中に起こっている炎症を鎮めることによってアトピー性皮膚炎の根本的治療を提案します。
詳しくはこちら
PATM(パトム)
PATMとは、一緒にいる自分以外の人がくしゃみやのどの違和感を訴え、まるで自分がアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因)のようになって周囲の人に影響を及ぼす症状です。
詳しくはこちら
病気の原因がわからないと言われた
病院を受診し検査を受けてもどこも異常がないと言われた。身体にはどこも異常は見つからないから、精神的な問題だと言われた。そういう場合、実は身体のバランスが崩れていることが原因で起こっている症状の可能性があります。
詳しくはこちら

治療的カウンセリング

詳しくは治療的カウンセリングをご覧ください。


栄養外来

30分 5,000円

検査、治療の具体例

パターン1【軽症例】

検査を行わず、腸管の環境を整える治療を受けたい場合。出来るだけ費用をかけたくない場合。

検査費用 なし
治療のサプリメント費用 月/約1-2万円

(ただし、検査を行わないで治療を行うのは地図を持たないで航海に出るようなものであり、それなりのリスクはあります)

パターン2【標準例】

最低限、症状に関係のある検査だけを請けたい場合。

検査費用 約4-6万円
治療のサプリメント費用 月/約1.5-2万円

パターン3【重症例】

費用は構わないので、きっちりと検査をして早く治るように治療したい場合。

検査費用 約10-15万円
治療のサプリメント費用 月/約2-4万円

当院では患者さんの重症度や予算によって検査や治療の方針を相談しながら決めています。

治療サプリメントの処方はずっと続けるわけではなく、治療効果が出てくれば病状に合わせて減らしていきます。中途半端な治療をするよりもしっかりした治療を最初の6ヶ月行い、徐々に減らしていく方が効果的で効率的な治療に繋がります。

※表示料金は全て消費税が別途かかります。

小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約

このページのトップへ戻る