• WEB予約
  • 初診専用ダイヤル06-6147-3565まで

診療内容 [ 遅延型フードアレルギーの治療・検査について ]

» » 診療内容 [ 遅延型フードアレルギーと治療・検査について ]

小西統合医療内科からの新しい提案

食材を除去するだけではこの病態は治りません。当院では、「自己治癒力を高めるという」立場から、遅延型フードアレルギー検査の結果に基づいて腸内環境を整える治療を提案します。

通常は、アレルギーのある食材の制限で指導されることが多いですが、それだけではこの病態は根本的に改善することはありません。しかし、現実は検査結果により「アレルギー反応のある食材を除去すれば治る」という誤解を生み出してきました。しかし、単なる食材の除去だけでは治癒しないだけではなく、かえって栄養バランスを崩すなどの弊害を生み出しかねないのです。

当院では、遅延型フードアレルギーの起こる原因を明らかにし、根本的な治療を行うことによって不必要に食材の制限を行わなくても健康な身体を維持できるように自己治癒力のバランスを整える方法を提案しています

遅延型フードアレルギーとは

一般的に食物アレルギーというと、卵、大豆、牛乳、そば、えび・かになどを食べた時に出るじんましん、身体のかゆみ、呼吸困難などの症状が出ることを言うことが多いです。このようにすぐに症状の出るアレルギーは、即時型アレルギー(Ⅰ型アレルギー)と言われ、IgE抗体という免疫反応が関係しています。原因となる食物を食べてから症状の出るまでの時間が短いので原因がわかりやすいアレルギーです。

様々な種類の食物アレルギーに関連している(即時反応型のアレルギー)。
身体を機生物から守る働きをもつ。


同じ微生物による、2回目の体内の侵入時にB-リンパ球が作り出す抗体。
遅延型フードアレルギーと関連している。感染症に対する免疫システムの攻撃の後、長時間の抵抗力を付ける役目を果たす。


それに対して、食物を摂取後、数時間から数週間後に症状が出現する食物アレルギーがあります。これを遅延型フードアレルギーと言います。
頭痛、めまい、うつ、などの精神神経症状、肩こり、慢性疲労など一見関係のないような多彩な症状を起こします。このようなアレルギー反応は、遅延型アレルギーと言われ、症状出現までの時間が長く症状も多彩であることから、このような病態があることを知っていないと診断をすることが困難なのです。

近年、さまざまな健康障害にこの遅延型(潜在性)フードアレルギーの関与が指摘されています。また、好んで食べている食物にこのタイプのフードアレルギーが多いとも言われています。好物だと思っていたものが、実は、健康を害する原因になっている可能性があるのです。

関連のある主な症状

発疹、湿疹、にきび、肌荒れ、フケ症、アトピー性皮膚炎、口内炎、ドライアイ、多汗症、体重増加、喘息、鼻水・鼻づまり、副鼻腔炎、カンジダ症、結合組織炎、慢性感染症、関節リウマチ、関節炎、筋肉痛、高血圧、不整脈、癌、糖尿病、偏頭痛、クローン病、嚢胞性線維症、IBS(過敏性腸症候群)、LGS(腸管壁浸漏症候群)、多発性硬化症、便秘、下痢、むくみ、おりもの、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、慢性疲労症候群、注意欠陥(多動性)障害、自閉症スペクトラム、うつ病、統合失調症、言語障害、学習障害、運動障害、強迫性障害、精神病、暴力的・攻撃的行動、睡眠障害、チック障害、トウレット症候群など

通常は病院ではアレルギーが疑われる場合がIgE抗体が調べられますが、それではこの遅延型フードアレルギーは診断することが出来ないのです。このような病態があることを正しく認識し、疑われる場合は遅延型フードアレルギー検査を行う必要があるのです。

遅延型フードアレルギーはどうして起こるのか?

では、このような遅延型のフードアレルギーはどうして起こるのでしょうか。これには、腸内の環境が密接に関係しています。私たちの腸管内には100兆個もの腸内細菌が存在しています。最近の研究で、これらの腸内細菌はただ腸内に「寄生」しているわけではないことが分かってきました。消化管が食物の消化吸収など正常に働くために、消化管と共同してとても重要な役割を果たしているのです。

ここでは、たんぱく質の吸収を例にとって見てみましょう。

食事に含まれるたんぱく質は、小腸で消化酵素で小さく分解されてペプチドやアミノ酸というものに分解されます。正常な小腸粘膜ではたんぱく質やペプチドの状態では吸収されることはありません。つまり、小腸粘膜が「バリアー」の役割をしているのです。このバリアーの働きをするうえで腸内細菌は重要な役割を果たしています。


ところが、何らかのストレスが原因で腸内細菌のバランスが崩れ、腸内環境が乱れると腸の粘膜の細胞と細胞の間に隙間が出来るのです。そして、出来た隙間から通常では通れないようなペプチドやたんぱく質が血液中に漏れ出るようになるのです。このような状態を「腸管漏出症候群(リーキーガット)」と言います。

そして、このようなリーキーガットの状態では、十分に分解されていない大きな分子が血液中に入るため、アレルギー反応を起こします。これが「遅延型フードアレルギー」です。

遅延型フードアレルギー検査の臨床的意味について

現在の日本の医学界では「腸内環境」の重要性については認識していませんが、アメリカなどの最先端の「機能性医学」という分野では腸管の状態が身体のバランスに重要な役割を果たしていることが分かっています。そして、腸内環境のバランス状態を見る上で、「遅延型フードアレルギー検査」はとても有効です。

通常はこの検査結果をみて、アレルギー反応のある食材を控えるように指導されたり、絶食療法が推奨されることが多いです。しかし、遅延型フードアレルギーはあくまで腸内環境が乱れていることによる結果であって、病態の根本原因ではありません。

この検査では「腸内環境の悪化」や「腸管漏出の状態」を間接的に見ることが出来るのです。この検査は「腸管の障害の重症度」を判定するための検査であるという認識が必要なのです。

いくらアレルギーのある食材を食べないようにしても、その原因となっている腸管粘膜の障害や腸管の漏出の状態は修復されることがありませんから、別の食材を食べればまたその食材に対してアレルギー反応があらわれてきます。そして、最後には食べる食材がないということになってしまいかねないのです。一番重要で必要な方法は食材を避けることではなく、腸管の修復を行うことであるということが出来ます。

遅延型フードアレルギー検査を行う意義としては

  • 腸内環境の乱れの程度を推測することが出来る。
  • どの程度の方法を行えばいいのかメニューやスケジュールの参考になる。
  • 経時的にフォローすることで効果を判定することが出来る。

などがあげられます。
次の項目でも触れますが、「どの食材を食べてはいけない」と言う判断をするために用いられるのではないことを十分に認識することが重要です。

遅延型フードアレルギー検査に対する注意喚起について

臨床的にはとても有意義な遅延型フードアレルギー検査ですが、検査の解釈の仕方については誤った捉え方がされてきました。実際の医療現場で、検査結果で陽性反応の出た食材を安易に除去してしまうという間違った指導がなされてきたのです。その弊害として、本当の症状を生み出だす原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くリスクを冒してきました。

”食物アレルギー診療ガイドライン2012(2011年日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会作成)”、“食物アレルギーの診療の手引き2011(厚生労働省科学研究海老澤班作成)”では、IgG抗体を食物アレルギーの原因食品の検査法に挙げていません。
「食物アレルギーハンドブック2014子どもの食に関わる方々へ」(2014年日本小児アレルギー学会発刊)では、食物アレルギーの原因食品の診断法として安易にIgG抗体を用いることに対して注意喚起をしています。米国や欧州アレルギー学会でもIgG抗体の診断的有用性を公式に否定しています。

この検査が何を意味するのかを正確に理解したうえで検査を行うことがとても重要なのです。

腸内環境の修復によって症状の改善を

具体的に腸内環境を整えることで症状が改善した症例をご紹介します。

小学校のころから朝起きられず、「起立性調節障害」と診断されていた女性の大学生の方です。中学のころから朝起きれない、昼間も一日中全身倦怠感があり、学校にも通えない状態が続いているということで連携クリニックを受診されました。
アレルギー歴として小学校のころから気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎があります。
「遅延型フードアレルギー」が疑われたため、遅延型フードアレルギー検査を行いました。

下に「遅延型フードアレルギー」検査の一部を示します。黒の横棒が、いろいろな食材に対してのアレルギー反応の程度をしめしています。

一目見て分かるようにほとんどすべての食材に対してかなり強い反応が見られます。
このように「起立性調節障害」と診断されている場合でも、その『根本原因』は腸管のバランスが崩れていることである場合があるのです。

通常、このようなアレルギー検査で反応が出る場合は反応のある食材を避けるという指導がなされますが、この患者さんのようにほとんどすべての食材に対して反応が見られる場合、食べるものが無くなってしまいます。


そこで一切の食事制限は行わず、腸管の環境を整える治療を開始しました。治療を開始して2-3か月たったころから全身倦怠感などの症状に改善傾向がみられ、学校にも通えるようになりました。方法を開始後9か月目の遅延型フードアレルギー検査の結果を示します。

(←※画像をクリックして、拡大可)

一切の食事制限を行っていないにも関わらず、アレルギー反応の改善が見られます。腸管の修復をきっちりと行えば食事制限をしなくてもフードアレルギー反応は改善するのです。逆に言うと、いくら食事制限をしても根本原因となっている腸内環境を整っていなければ、その場しのぎになってしまうということです。

最初「起立性調節障害」ということでしたが、このように根本原因として、「遅延型フードアレルギー」があり、「起立性調節障害」はその結果であるということです。このような場合は、患者さんに何が起こっているのかを全体的な立場から理解し根本方法を行うことがとても大切です。

※治療の結果には個人差があります。

小西統合医療内科にて検査を希望される方へ

以上のように、この検査はその臨床的意味について正しく理解したうえで解釈する必要があります。現在は、いくつかの検査受託会社でこの検査を申し込むことが出来ますが、検査結果をどのように解釈すればいいのかは各自の判断に任されており、正しく治療に生かされているとはいえない状況です。

当院では、遅延型フードアレルギー検査を希望される方に検査キットを送付し、自宅で検査をしていただくことが出来ます。 外来受診をしなくても検査を受けていただくことが出来ます。 検査キット発送後のキャンセルは出来ません。

【薬を服用中の方へ】
経口・鼻腔内コルチコステロイド(プレドニゾン、ベクロメタゾン、フルチカゾン、トリアムシノロンなど)、局所コルゾン懸濁液およびクリーム剤のような免疫抑制剤は、抗体検査の結果に影響を与える可能性があります。これらの薬剤を控えていただく推奨期間は4週間です。

遅延型フードアレルギー検査費用

[自宅用]遅延型フードアレルギー検査費用 32,000円(税別)
検査の相談、予約はこちら

検査キットについて

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、96種類の項目について調べることができます。

検査会社名:USバイオティック社
調べれる食材の項目数:96品目

検査会社は事前の予告なく変更することがあります。

診療のご相談・受診予約について

病状や診療についてのご相談は、下欄の「メールでのご相談・受診予約」よりお願いします。電話での相談は受け付けておりませんのでよろしくご了承ください。

当院では診療をご希望の場合は以下の2つの方法で診察が可能です。
※検査会社、検査項目数は予告なく変更する場合があります。

  • クリニックを直接受診する方法
  • 遠隔診療(スカイプ、電話)を受ける方法

※診察の流れやFAQ(よくある質問)についてはこちらをご覧ください。



小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約

このページのトップへ戻る