• WEB予約
  • 初診専用ダイヤル06-6147-3565まで

診療内容 [潰瘍性大腸炎でお悩みの方 ]

» » 診療内容 [ 潰瘍性大腸炎でお悩みの方 ]

潰瘍性大腸炎とは

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が起きることによりびらんや潰瘍ができる慢性の腸疾患です。おそらくは腸管内での免疫の異常が原因であると考えられています。主な症状としては、下痢や血便、腹痛、発熱、貧血などがあります。また、さまざまな合併症が発現することがあります。
潰瘍性大腸炎は、若年者から高齢者まで発症しますが、発症年齢の主なピークは、男性では20~24歳、女性では25~29歳です。しかし最近では、40代以降でも、多くの人が発症すると言われています
潰瘍性大腸炎は、寛解と再燃を繰り返しながら慢性の経過をたどりますが、病院できっちりと診断をうけ、治療をすることにより予後の改善が期待できます。最近では、免疫のバランスを整える薬が開発され予後が非常に改善しています。


潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎は潰瘍性大腸炎は、国が定めた「指定難病」の1つです。発症原因は未だわかっていませんが、何らかの遺伝的素因に食事や衛生環境などの環境因子が加わって、腸内細菌のバランスや腸の粘膜の免疫調節機構が障害され、免疫反応が過剰になり、腸管に炎症が生じると考えられています
TNFα(ティー・エヌ・エフ・アルファ:腫瘍壊死因子)は免疫にかかわっている物質の一つで、普段は細菌や異物から体を守る大切な役割を持っていますが、過剰になるとからだの細胞や臓器に作用して、炎症を引き起こしたり悪化させたりする原因にもなります。潰瘍性大腸炎では、TNFαが腸の炎症にかかわる重要な物質であることが知られています。


「潰瘍性大腸炎」の様々な治療法

「潰瘍性大腸炎」は内視鏡で、大腸の粘膜に炎症が起こっていることが確認されることで、診断できます。潰瘍性大腸炎であるであると診断された場合は、5—アミノサリチル製剤やステロイド剤などで腸の炎症を静める治療を行います。重症例は命に関わる合併症を起こす場合があります。重症例では血漿成分除去療法や免疫抑制剤持続静注療法などが行われます。最悪大腸の摘出手術が必要になることもあります。
通常は、潰瘍性大腸炎の大多数はそこまで重症になることはなく、継承から中等症で、通常は薬物療法で治ることが多いですが、一時的に良くなっても(寛解)、外的なストレスが加わることで、再発、再燃を繰り返す場合もあります。


潰瘍性大腸炎の治療方針

当院では、通常の薬物療法で再発、再燃を繰り返す患者さんに以下のような治療を行なっています。

まずは、腸内環境を整え、腸管内の炎症をおさえる治療を行います。具体的には、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす治療を行います。次に腸の炎症の程度によって炎症を抑えるサプリメントを投与したり、腸管の炎症の原因となるカンジタ菌を除去します
カンジタ菌は普段は体の免疫防御システムによりおとなしくしていますが、腸内バランスが崩れたり免疫力が低下したりすることで腸内に悪影響を及ぼします。そのため、強い腸を作るためにはカンジタ菌の除去は必須と言えるのです。
実際に、通常の病院での標準的な治療では再発を繰り返していた潰瘍性大腸炎の患者さんが、当院で腸内環境を整え、カンジダ菌の除去を行ってからは再発が見られなくなりました。
どの病院へ行っても治らなかった、人から理解されず悩んでいるという方は一度当院の検査を受けてみてください。


診療のご相談・受診予約について

受診の予約は、①電話での受付と②WEB予約による受付を行っております。病状や診療についてのご相談は、下欄の「ご相談・お問合せフォーム」よりお願いします。電話での相談は受け付けておりませんのでよろしくご了承ください。

当院では診療をご希望の場合は以下の2つの方法で診察が可能です。

  • クリニックを直接受診する方法
  • 遠隔診療(スカイプ、電話)を受ける方法

※診察の流れやFAQ(よくある質問)についてはこちらをご覧ください。


※当院での治療は基本的にはすべて自費診療(自由診療)となりますが、一部の検査は保険適応可能な場合もございます。具体的な事は診察時に説明いたします。


遠隔診療をご希望の方はこちらをご確認ください


潰瘍性大腸炎に関する検査について

遅延型フードアレルギー34,000円(税別)
腸管の粘膜が損傷して起こる腸管漏出症候群(リーキーガット症候群)により、食べ物が充分に分解される前に血液中に漏れ出る事により遅延型フードアレルギーが起こります。この検査は遅延型フードアレルギーの程度を見る事により、適切な食事指導を行います。ネット検査可。
34,000円(税別)
遅延型フードアレルギー検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
便総合分析検査52,000円(税別)
便を調べる事により腸内細菌叢のバランスや腸管での炎症や消化酵素の分泌の程度、腸管免疫の状態などを調べる事ができます。「腸内環境がどの程度乱れているか」を知る指標となります。ネット検査可。
52,000円(税別)
便総合分析検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
有機酸尿測定38,000円(税別)
尿中の有機酸を測定する事によりカンジダ菌から分泌される様々な有機酸の他に、ミトコンドリア機能や身体のデトックス能力などを評価する事ができます。この検査は尿中に含まれる様々な代謝産物を測定する事で、身体の中のいろいろな化学反応が正常に働いているのかどうかを調べようと言うものです。ネット検査可。
38,000円(税別)※検査説明代金を含む
有機酸尿測定の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら


小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約