• WEB予約
  • 初診専用ダイヤル06-6147-3565まで

診療内容 [ 慢性疲労症候群(CFS)でお悩みの方 ]

» » 診療内容 [ 慢性疲労症候群(CFS)でお悩みの方 ]

慢性疲労症候群(CFS)はどんな病気か?

慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)は、身体を動かせないほどの疲労が6カ月以上続き、日常生活に支障をきたすほどになる病気です。

「慢性疲労症候群」が病気の概念として提唱されたのは、1988年、アメリカ疾病予防管理センターによってです。新しい病気のため、まだまだ一般的な認知は進んでいません。
発症のキッカケとしては、健康な人がかぜや気管支炎などを患ったあと、かぜに似た症状がいつまでも長引くことで発症するケースが多くあります。

しばらく休んでも体調が改善しなかったり、摂食障害や不眠などを伴うようになり、そうなってはじめて、「ただのかぜではないかも知れない」と気付かされるのです。
そして、病院でいろいろな全身の検査(ホルモンの異常、内臓や脳、神経系の検査など)を行なっても異常が見つからないとき、慢性疲労症候群が疑われます。


良く見られる症状

よく見られる症状として、以下のものがあります。

  • 記憶力、集中力の低下
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • のどの痛みや微熱などの風邪様症状
  • 首やわきの下のリンパ節の腫大や圧痛
  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 低血圧
  • 胃腸が過敏
  • 体の体温調節がうまくなく、暑いのも寒いのも苦手
  • 音や光に対して過敏

>慢性疲労症候群の診断基準についてはこちらをご覧ください。


慢性疲労の症状

考えられる原因

慢性疲労症候群の原因は、明らかになっていませんが、最近の研究で病気になる仕組みが少しずつ明らかになってきました。

私たちの身体は、自律神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いています。ところが、ストレスをきっかけにして、自律神経系やホルモン系の働きに異常が生じ、免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウイルスが再活性化されます。
そして、再活性化したウイルスを抑え込むために、体内では免疫物質が過剰に作られるようになります。

この過剰に作られた免疫物質が脳の働きに影響を及ぼし、脳に炎症を起こします。そして脳の炎症が、強い疲労感や様々な症状を起こすという説が有力です。
そのため、最近では、慢性疲労症候群は、「筋痛性脳せき髄炎/慢性疲労症候群」と脳の炎症を併記するようになっています。


慢性疲労の原因

慢性疲労症候群の治療

現時点では慢性疲労症候群の治療は、決定的な治療薬はありません。
実際は漢方中心とした薬物療法が中心に行なわれることが多いです。

付随する症状として、体の痛みや頭痛がある場合には鎮痛剤を、胃腸の調子が悪い場合は胃腸薬を、睡眠障害を伴う場合は睡眠導入剤が処方されます。
これらの薬は、慢性疲労症候群を根本的に治すものではなくて、あくまでも症状を取るための「対症療法」です。

最近、慢性疲労症候群では「炎症」が強くなっていることが分かってきました。
ここでいう「炎症」とは炎症性サイトカインと言われる物質や活性酸素が増えている状態のことを意味します。

参考サイト:CFS患者における酸化ストレス、抗酸化力の評価(PDF)

「抗酸化治療」「抗炎症治療」が今後有効であることが示される可能性があります。
例えば、体内の炎症性サイトカインや活性酸素といった炎症性物質による細胞の障害を防ぐため、抗酸化作用をもつビタミンCやコエンザイムQ10などのサプリメントによる治療が有効であるという報告も見られます。

参考サイト:「慢性疲労症候群」に還元型コエンザイムQ10が効果あり - 大阪市立大など

また、分子栄養学的な観点から、慢性疲労をミトコンドリアの機能障害ととらえることも可能です。
ミトコンドリアとは、私たちの体の細胞の中にある「小器官」で、食事から吸収された栄養素を細胞内でエネルギーに変換する働きがあります。

ミトコンドリア機能が低下し、細胞が必要としているエネルギーを十分に供給されない場合に、慢性疲労の症状が出るということです。
治療法としては、鉄やビタミンB群などのエネルギー代謝に関係するミネラルやビタミンを補う必要があります。


慢性疲労症候群に対する当院のアプローチ

当院では、慢性疲労症候群の根本治療をご提案します

慢性疲労症候群の原因はまだまだわかっていない部分はありますが、外的なストレスや体内の自律神経やホルモンのバランスが乱れることにより、体の免疫反応が過剰になることで、体に「炎症」が起こり、活性酸素が高い状態になっていることが重要であると思われます。

もちろん、先に書いたように「抗炎症サプリメント」「抗酸化サプリメント」も有効な場合があります。
しかし、それは、現在起こっている炎症を鎮める治療であり、炎症の起こっている「火元」(根本原因)を消す治療にはなりません。
当院では、体に炎症が起こる原因となっている「火元」を突き止め消火する治療をご提案します。


どのように根本原因を調べるのか?

慢性疲労症候群の「根本的治療」を行う上では、体に炎症が起こる原因物質や、体の免疫を刺激するような刺激物質はどこから入ってくるのかを考えてみる必要があります。
免疫機能が低下した時に、体内に潜んでいたウイルスが再活性化され、免疫反応が刺激されることが原因の一つになります。ウイルスが再活性化される人とされない人とがいるのはなぜかを考える必要があります。

様々な炎症誘発物質や、免疫反応を刺激する物質が入ってくるのが一番多い場所はどこでしょうか?
それは、「腸」なのです。

腸内環境が乱れ、腸管の粘膜が損傷を起こす状態を「リーキーガット症候群」と言います。

リーキーガット症候群になると、食べ物が十分に分解される前に血液中に入ってきます。
通常は入って来ないような食物の成分が入ってくると、体の免疫は「敵が侵入してきた」と勘違いし刺激されます。
このような状態が続くと免疫バランスが大きく崩れてくるのです。
実際、食べたものを消化吸収される小腸には、リンパ球という免疫細胞が一番集積しているところなのです。

さらに、食べ物には栄養分だけではなくさまざまな、添加物、化学物質、環境汚染物質、さらに重金属が混入しています。
これらの体に悪い影響を与える物質のことを「生体異物」と言います。

正常な小腸では、これらの生体異物が体の中に入らないように防御しています。
最新の研究では、小腸の粘膜にはこれらの「生体異物」を解毒するための解毒酵素が発現されていることがわかっています。小腸は「消化、吸収」を行うだけではなく、腸の中に入ってきた異物を「解毒」する働きもしているのです。

腸内環境が乱れ、これらの小腸の解毒機能が低下すると食物に混入している「生体異物」が体内に入ってきます。これらの「生体異物」が私たちの体に炎症を起こすのです。


どのような治療を行うのか?

慢性疲労症候群の発症には、確かに何らかのウイルスの活性化がきっかけになっている可能性がありますが、その根本には、体の中に炎症が起こりやすく、免疫の過剰に働きやすい状態がすでにあると考えられます。
つまり、慢性疲労症候群を根本的に治療するためには、体に炎症が起こりにくい状態に整え、免疫のバランスを整える必要があるということです。

当院では、「体のバランスを整え自己治癒力を高める」という観点から、病気の根本にどのような異常があるのかを検査で調べます。
検査結果に基づいて、分子栄養学的、機能性医学的なアプローチで根本的な治療をご提案します。具体的治療方法は、医療用のサプリメントを用います。

対症療法ではないので、治療効果を実感できるまでは数ヶ月間の時間がかかることがあります。
また、治療効果は人によって差があるので、「絶対に治る」と保証できるわけではありませんが、試してみる価値のある治療法であると考えています。


慢性疲労症候群の原因となる病態一覧


診療のご相談・受診予約について

受診の予約は、①電話での受付と②WEB予約による受付を行っております。病状や診療についてのご相談は、下欄の「ご相談・お問合せフォーム」よりお願いします。電話での相談は受け付けておりませんのでよろしくご了承ください。

当院では診療をご希望の場合は以下の2つの方法で診察が可能です。

  • クリニックを直接受診する方法
  • 遠隔診療(スカイプ、電話)を受ける方法

※診察の流れやFAQ(よくある質問)についてはこちらをご覧ください。


※当院での治療は基本的にはすべて自費診療(自由診療)となりますが、一部の検査は保険適応可能な場合もございます。具体的な事は診察時に説明いたします。


慢性疲労症候群に関する検査について

唾液中コルチゾール検査19,800円(税込)
副腎は私達が受けるストレスに対抗する「抗ストレスホルモン」(コルチゾール)を分泌しています。過剰なストレスを長時間にわたり受けた場合、「副腎疲労」という状態が起こります。この検査は、唾液を1日4回採取していただく事によりコルチゾールの日内変動を調べる検査で、副腎疲労の程度を知る事ができます。ネット検査可。
19,800円(税込)
唾液中コルチゾール検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
唾液中コルチゾール+DHEA検査29,700円(税込)
副腎から分泌されるホルモンとしてコルチゾールと別にDHEAというホルモンがあります。DHEAは体内で代謝されて、男性(女性)ホルモンになります。副腎にストレスがかかり、DHEAホルモンの分泌が低下すると、性ホルモンのバランスが崩れます。特に、女性の場合は生理不順、生理痛、生理前症候群などの原因になります。これらの症状を伴う場合は唾液中DHEAを同時に測定されることをオススメします。ネット検査可。

29,700円(税込)
唾液中コルチゾール+DHEA検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
遅延型フードアレルギー検査37,400円(税込)
腸管の粘膜が損傷して起こる腸管漏出症候群(リーキーガット症候群)により、食べ物が充分に分解される前に血液中に漏れ出る事により遅延型フードアレルギーが起こります。この検査は遅延型フードアレルギーの程度を見る事により、適切な食事指導を行います。ネット検査可。
37,400円(税込)
遅延型フードアレルギー検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
毛髪重金属検査23,100円(税込)
毛髪内の重金属を調べる事で、体内にある重金属がどの程度蓄積しているかを知るスクリーニング検査になります。ネット検査可。
23,100円(税込)
毛髪重金属検査の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら
有機酸尿測定44,000円(税込)※検査説明代金を含む
尿中の有機酸を測定する事によりカンジダ菌から分泌される様々な有機酸の他に、ミトコンドリア機能や身体のデトックス能力などを評価する事ができます。この検査は尿中に含まれる様々な代謝産物を測定する事で、身体の中のいろいろな化学反応が正常に働いているのかどうかを調べようと言うものです。検査代金には、検査の説明料金、サプリメントの提案や今後の方針のアドバイス料金も含みます。ネット検査可。
44,000円(税込)※検査説明代金を含む
有機酸尿測定の詳細はこちら
検査の申し込みはこちら

小西統合医療内科への相談はこちら

御堂筋線中津駅徒歩1分

メールでのご相談・受診予約

当院ではクリニックでの直接受診が困難な方のために遠隔診察も行っております。

メールでのご相談・受診予約